和のモンブラン

まるで日の丸弁当を連想させるそれは、やながわが自社加工した丹波栗を惜しみなく詰め込んだ和のモンブラン

商品名 和のモンブラン
販売期間 2017年9月15日~2018年1月上旬まで
原材料 栗(丹波産)、牛乳、生クリーム、卵、砂糖、小麦粉、バター、コーンスターチ、乳化剤
価格 1,296円
賞味期限 当日

 

こだわったのは丹波栗の加工、栗本来の味の追求

和のモンブランは地元でとれた鶏卵・牛乳などを使うことで「どこを食べても丹波の味」である事にこだわったスイーツ。

しかし一番こだわったのはやはり丹波栗。夢の里やながわは併設された特産加工場で自社加工する事で、何にも左右される事のない伝統の栗の味を出す事を可能にしました。

昔から受け継がれる伝統の加工

和のモンブラン003機械でおこなえば簡単にできるのかもしれません、もっとたくさん加工が可能なのかもしれません。しかし、やながわは可能な限り昔から受け継がれてきた手間のかかる手作業での加工で丹波栗を加工しています。非効率にも思える手作業だからこそ宿る心・味があるのだと信じております。丹波栗が持つ本来の風味を活かし、栗の美味しさを味わって頂ける様に不要なものは何も足さない。

我々が残したいのは丹波栗と言う名前では無いのです。我々が本当に遺したいのは丹波の風土で育まれた丹波栗の味と心なのです。

多くの丹波の人によって加工

2011栗加工 011やながわの丹波栗は地域の皆様と一緒に加工した丹波栗です。何十人もの地域の人が栗の加工の時期になるとやながわに集まり手作業でひとつひとつの栗を加工してゆくのです。丹波の農家が収穫し、地域の皆さんが鬼皮を剥き、特産加工スタッフ達が加工をする。このモンブランの中央に乗っている渋皮煮やそぼろ状のペーストはたくさんの丹波の人の笑顔に包まれ、手で磨かれて加工されます。
これこそが丹波の心がつまった栗。

私達はそんな「丹波の心」がつまった栗を、和のモンブランに加工しているだけなのです。

和のモンブランが生まれたきっかけ…

インターネットの普及で情報化が進み、どこに住んでいても何でも手に入れる事が出来る現代社会。そういった情報化・近代化が進む一方、失われてゆきつつあるその地域の「風土」「らしさ」「伝統」。

平安の時代から朝廷に献上品として尊まれ尊敬されてきた丹波栗という丹波の風土が与えてくれた宝物。その宝を後世に伝えてゆくことも”今を生きる我々”には大切な役割ではないでしょうか。

どうにかして丹波栗を伝えたい!

どうにかして丹波栗を残したい!

どうしたら丹波栗が未来でも愛されるのか!

和のモンブラン002

ふるさとを離れ都会の荒波にもまれちょっと疲れてしまった人がこの和のモンブランを食べた時に、丹波の風景を思い出して安らぐような…。
丹波の人がこの和のモンブランを贈って、丹波を誇りに思えるような…。

この和のモンブランを通じて、丹波の心を伝え、そして後世に残してゆきたい。そんな念い(おもい)から産まれたのが丹波栗のスイーツ「和のモンブラン」です。

受賞歴

丹波すぐれもの大賞を受賞

和のモンブラン007

高齢化が進む丹波で生産量の維持が難しくなってきた丹波栗を加工する業者がどんどん減ってゆく中、この和のモンブランを通じて丹波栗の活性化をはかったとして平成23年度の丹波すぐれもの大賞のわくわく部門を受賞いたしました。

五つ星ひょうごに認定

itutubosihyogo

平成25年度 五つ星ひょうごの認定商品に選出されました。
兵庫県を構成する5つの国を代表する特産品や名産品を認定する五つ星ひょうご。和のモンブランは兵庫県を代表する商品のひとつとして認定していただきました。

五つ星ひょうご 認定の詳細はコチラ

地場もん国民大賞 受賞

c70627c1a80e45af9af90132bdd6c3cf

2013年11月3日に東京で行われた第一回 地場もん国民大賞の審査員賞を受賞いたしました。
丹波栗を全国の皆様に味わって頂きたいという我々の願いから生まれた和のモンブランが多くの全国の人の目にとまる事が出来ました。

第一回 地場もん国民大賞(2013年)の詳細はコチラ

-丹波伝心- 和のモンブラン

3f15e3a414c6df441d7f64e515c20cd0

今までのモンブランのイメージを覆した日の丸弁当の様な姿は洗練された都会のイメージではなく、不器用で素っ気ないけれどみんなに愛される…そんな田舎の素朴なイメージを与えてくれます。

特製のカスタードクリームは少し甘さを控えめにしており、中に敷いてある丹波の牛乳と卵で作ったスポンジも可能な限り軽い食感になるようにこだわりました。このモンブランの主役の丹波栗ペーストと渋皮煮の味を楽しんでいただけると思います。

同梱された竹ベラで真上からすくい取ると、栗→クリーム→スポンジが同時に味わえるのでオススメ。

和のモンブランは決して他社ではマネが出来ません。それは先ほど説明した丹波栗の加工に全てを注いでいるからです、姿形は似せる事が出来ても「和のモンブランに籠っている丹波の心」だけは絶対にマネする事は出来ません。

丹波栗は通常の栗に比べて風味が強いのが特徴なのですが、その特徴を知り尽くした先代から受け継いできた伝統の加工方法だからこそ味わえる丹波栗の味。

 

「栗はちょっと苦手」という方も一度食べてみてください。

丹波に受け継がれた濃厚な栗と特製カスタードクリームのハーモニーをお楽しみいただけると思います。

通信販売で購入する
(通信販売ページへ)

通信販売の開始までしばらくお待ちくださいませ。

PAGE TOP