丹波大納言小豆の播種が行われました

やながわが所在する兵庫県丹波市春日町は小豆の最高峰と称される「丹波大納言小豆」の発祥の地とされており、毎年7月下旬になると丹波大納言小豆の播種が行われます。

今年も無事に播種が行われ8月になった現在でも日差しを浴びて順調に生育しています。

丹波大納言小豆の播種(8月上旬)

やながわの周辺地域では毎年5月上旬にレンゲを咲かせて根粒菌を作りそれを養分として丹波大納言小豆は生育し12月上旬に収穫の時を迎えます。連作にならないように毎年植える畑を変えている所もあります。

丹波大納言小豆を播種する畑にはレンゲを咲かせます(5月上旬)

丹波でレンゲ畑を見つけたら「今年はここの畑で丹波大納言小豆を育てるんだなあ」と丹波の里での秋冬の風景を想像することが出来るのです。

丹波大納言小豆(どら焼やぜんざいの餡に使用しています)

丹波の特産品の一次加工や持ち味を生かした和洋菓子の製造販売をしている株式会社やながわの広報です。
全国の皆様に丹波の味をお届けしたい♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP