丹波に雪が舞いました

3月も半ばに差しかかろうとしているのですが、日本海沿岸を中心に入り込んできた寒気の影響が出ているようです。

丹波でも強い風と共に季節外れの雪がちらほらと舞っております。

 

季節外れの雪と強風と言えば、忘れもしない昨年の3月21日(金)。

この日は夢の里やながわ本店 の改装1周年祭の初日でした。

本店の外の駐車場では「特産加工」のスタッフ達がご来場くださっている皆様に「つきたてのお餅」を振舞うために外で準備していたのですが、あいにくの雪…というか猛吹雪!
突風で吹き飛びそうになるテントを男性スタッフが必死で押さえながらの餅つきとなりました。(1人風で浮きました)

1970397_709715679050237_1824796326_n

晴れた瞬間に餅つき開始

今年も2周年のイベントを行いますが、今日みたいな季節外れの雪を見ると男性スタッフ達はあの時テントと一緒に飛ばされそうになった日の事を思いだして…

『今年は晴れて欲しいですね…』

と口々にいいます。

 

でも、もうすぐ春ですね♪

冷たい風の中にも日差しの暖かさを感じるようになってきました。

雪が舞う002

今年はきっと暖かい2周年祭が迎えられそうな気がします♪

今年も駐車場では特産加工のスタッフさん達の手による特製ぜんざいが振る舞われる予定です。
季節的に少し寒いと思われますので、どうぞ冷えた体を温めていってください^^

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP