SUN-TV「ひょうごワイワイ」 放送後記

株式会社やながわ 広報担当からの投稿です。
先日SUN-TVさんで放送されました兵庫県の広報番組「ひょうごワイワイ」ご覧いただけましたでしょうか?
今回ご紹介いただきましたのは夢の里やながわが自信を持って販売している『丹心バウム黒豆きな粉(ハード)』でした。

この商品は2013年3月20日の夢の里やながわ本店リニューアルオープンから販売開始している商品で

丹波すぐれもの大賞
丹波市が認定した丹波の特産品を活用した商品を毎年授与している

五つ星ひょうご
兵庫県が県内各地の特産品を活用して生産されている商品を認定

地場もん国民大賞
日本の中でもその地の特産品を活用して貢献している商品に授与される

の3つの賞や認定を受けている丹波の特産品がいっぱい詰まったバウムクーヘンです。米粉を使ったバウムクーヘンは数多くありますが、丹心バウム黒豆きな粉(ハード)に使われているのはもち米。もち米が持っている独特の粘りが全く新しい食感を生み出すことに成功した人気のバウムクーヘンです。

日本は昔から瑞穂の国として豊かな恵みを与えてくれました。丹波は豊かに実った「赤米」が波打つ姿を見た人が「まるで丹い(赤い)波のようだ」と比喩されたことからついた地名ともいわれたり、当時の都・京都の田の庭(たのにわ)が縮まってたんばと呼ばれるようになったとか。とにかく稲に対して昔から由来の深い土地。そんな丹波にとって欠かせない米を使ったスイーツを全国へ発信したくて生まれたのがこの丹心バウム。

TMB_5509

こんかいご紹介いただきました『丹心バウム黒豆きな粉』は丹波の黒豆を使ったきな粉はもちろんのこと、牛乳、そして消費されることが少なくなったもち米を使うことで消費量を増やし、地域の農家の活性化を目指してもおります。その為にも1人でも多くのお客様においしいと思っていただける商品つくりに励んでおります。

 

とにかく丹波にこだわった

兵庫県の広報番組である「ひょうごワイワイ」に出演させていただくのは実はこれで2度目となります。1度目は「和のモンブラン」、そして2度目がこの丹心バウム。

とにかく丹波のものにこだわったこの商品にはこんなこだわりポイントがあります。

①素材を可能な限り丹波産で!

これは皆さんもご存知のとおりです。もち米、黒豆きな粉、牛乳、卵、酒など、多くの丹波素材を使うことで丹波の味を追求しております。

②見た目も丹波!「丹波焼」

img_tanshinbaum-kinako008

丹波地域の伝統工芸の一つでもある「丹波焼」。篠山市の立杭という所で焼かれているこの焼き物は人気のある素晴らしい陶芸品です。この丹波焼(立杭焼き)のデザインをイメージして焼き上げております。

③ロゴを書いてくださる書家も丹波出身

丹心バウム-抹茶005

丹心バウムのパッケージに印刷されている「丹心」の文字を書いてくださっているのは書家の荻野丹雪(たんせつ)さま。サントリーの「響」や「知多」。そして大河ドラマのタイトルなどを書かれております。丹雪様は帰省の際に本店によく足をお運びいただいております。

このように、とことん丹波にこだわった「丹心バウム黒豆きな粉(ハード)」をTVでご紹介いただける事はとても嬉しいことです。これからも一人でも多くの人に知ってもらえるように頑張ります♪

 

視聴者プレゼントのご案内

こちらの番組では今回、この丹心バウム黒豆きな粉を5名様にプレゼントされています。

ぜひ皆様もご応募くださいませ♪
【ひょうごワイワイ】プレゼント | サンテレビ
4/6〆切りですのでお急ぎください

 

ちょっとおまけ

今回の放送で流れたシーンの裏側をちょっとだけ公開しちゃいます。

 
こちらで全国の人にご覧いただけます。
先ほどのおまけ画像をふまえてご覧いただくとなお楽しめると思います。ぜひご覧くださいませ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP