丹波の山里は紅葉が見頃を迎えています

丹波の山里では日中は暖かいものの朝晩の冷え込みが強くなってきました。寒暖差が大きな日々が続くことで木々は日を追うごとに色づき始め、丹波の山里は紅葉シーズンとなっております。

夢の里やながわ本店向かいにございます桂谷寺様のお庭でも紅葉の見ごろを迎えており見学に来られる方もお目にかかります。

丹波黒枝豆の収穫も終わりを告げ、丹波大納言小豆の収穫が各地で行われています。和菓子材料の最高峰とされる丹波大納言小豆は俵のような形状をしており、素人でも積み重ねることができるほど大粒です。名前の由来は「煮ても割れない」という特徴から殿中で抜刀しても切腹にならない「大納言」の位から呼ばれるようになったとのことです。

丹波大納言小豆

兵庫県丹波市が発祥の地とされており丹波市春日町東中という地域にはその歴史を記した石碑が建っております。丹波大納言小豆を使用した商品「丹波伝心どら焼」「手作り最中」などご賞味ください。

手作り最中
丹波伝心どら焼

丹波の特産品の一次加工や持ち味を生かした和洋菓子の製造販売をしている株式会社やながわの広報です。
全国の皆様に丹波の味をお届けしたい♪

関連記事

  1. 丹波栗
  2. トライやる・ウィークの様子

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP