丹後くろまつ号スイーツコースの試走に参加しました

京都府北部を繋ぐ鉄道に京都丹後鉄道様があります。

丹後の海と山の幸を味わうことの出来るレストラン列車として「丹後くろまつ号」があり、このたび2023年4月より夢の里やながわは「スイーツコース」のメニューを提供させていただくことになりました。

丹後くろまつ号

朝晩は冷え込みが残るものの、連日の春本番を思わせる陽気で梅の花も一気に開花が進んだある3月の上旬。丹後くろまつ号本番に向けた試走に参加させていただきました。その体験レポートを報告させていただきます。

「丹後くろまつ号スイーツコース」は天橋立駅から西舞鶴駅までの運行となっており「丹後くろまつ号」に乗車いたします。「丹後くろまつ号」はJR九州の豪華観光列車「ななつ星 in 九州」を手掛けた工業デザイナー、水戸岡鋭治さんがデザインした観光列車だそうです。

眺めを楽しめるよう窓側に席を傾けて固定する細やかな配慮がある

車内は落ち着いた雰囲気と細部にまでこだわりのあるデザインが施されており、旅に出かける胸の高鳴りが聞こえてきます。アテンダントによる丹後くろまつ号やスイーツコースの説明を受けて「おもてなし」を提供いただきます。

車窓から見える景色や車内に包まれる空間や時間は、日常にある目的地へ到着するための移動ではなく、心に豊かさを与えてくれる非日常を感じることのできる旅のひとときとなります。

丹後くろまつ号スイーツコース

今回夢の里やながわが提供させていただくスイーツは「丹波の風土を感じる一皿」となっております。 旅の思い出を感じていただけるよう、丹後くろまつ号と天橋立をイメージにした一皿です。寄り添うように仕上げられた和菓子は、丹波の気候風土と先人たちのたゆまぬ努力によって育まれたお米、黒豆、栗、小豆を、やながわの感性と技で表現し仕上げた逸品です。

丹後くろまつ号スイーツコース

本番を万全の態勢で迎えられるように、私たちも試走に参加させていただきましたが、ご乗車いただきましたお客様により良いおもてなしを提供できますよう改善を図って参ります。

今回の運行の見どころは車窓から見える海の景色です。絶景ポイントでは見逃すことなく楽しめるよう停車いただく配慮もありました。

京都丹後鉄道様のHPでも掲載されております「由良川橋梁」も今回は運行ルートに入っております。車両先頭にはお子様向けの椅子も用意してくださっているため、お子様連れの方はぜひ特等席からの眺望をご覧いただくことをオススメいたします。

お子様は特等席から楽しめます

「旅は『人生』を豊かにする最高のツール」と言われますが非日常にある環境に身を置くことは明日への活力を与えてくれる刺激となります。約1時間20分の乗車時間は京都丹後鉄道様の一つ一つのおもてなしの心遣いに笑顔がこぼれる特別な時間となりました。この特別な「旅」のひとときにおもてなしのお手伝いができますことを感謝いたします。

試走にご招待いただきました京都丹後鉄道様に、厚く御礼を申し上げますとともに、「丹後くろまつ号スイーツコース」にご参加いただきますお客様にとって、心に残る旅となりますように最善を尽くさせいただきます。

有り難うございました。

「丹後くろまつ号スイーツコース」
運行期間:2023年4月1日~9月30日
運行日:金・土・日・祝
ダイヤ:天橋立(16:05)→西舞鶴(17:25)
料金:おひとり様5,000円(税込)~

株式会社やながわ 広報

丹波の特産品の一次加工や持ち味を生かした和洋菓子の製造販売をしている株式会社やながわの広報です。
全国の皆様に丹波の味をお届けしたい♪

関連記事

  1. トライやる・ウィークの様子

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP