大きく膨らむ夢を応援したい

本日より『夢の里やながわ 本店』の入口を入ったところにお飾りさせていただいているお人形。

 

これは梅の花と学問をこよなく愛された菅原道真公(すがわらのみちざね)です。学問の神様「天神さん」として全国各地で祀られておりますのでよく耳にされる神様だとおもいます。

この人形を作られた赤井君江さんは、教師という職を持ちながらも、この地で代々受け継がれている稲畑人形の五代目としてご活躍された方。
二百種あまりある稲畑人形のなかで「天神さま」は子供が賢く健やに成長することを願って作られるものだそうです。小学校の教師として子供たちの明るい未来を願い、常に優しく見守ってこられた赤井君江さんの思いが込められた作品でございますね。

そして、もうひとつ左の方に見えます今年の干支の「ヒツジ」。この色紙は丹波市出身の書家である荻野丹雪(おぎのたんせつ)さんに贈っていただいたものです。花博「咲くやこの花博」NHK連続テレビ小説「あすか」大河ドラマ「新選組!」、サントリーウイスキー「響」のラベルの文字でも有名な書家で、個展なども多く開かれてご活躍中です。

 

これから大きな夢に向かって進まれる学生の皆様へ

夢の里やながわは、これから大きな夢に向かって進まれようとしている学生さんの夢も大切にしたいと思っております。

item_tanshinB-milk2

バウムクーヘンは、円(縁)が繋がった縁起の良いお菓子として贈り物にも人気のお菓子です。「丹心バウム」、この丹心の文字を書いてくださっているのは先ほども申し上げました丹波市出身の荻野丹雪先生です。
このようにたくさんの「ご縁」が「繋がって」1つの夢につながるのかもしれません。

 

「どうか受験を迎えられるお客様に良いご縁がありますように」

 

入り口に飾られた天神さんと干支のヒツジは、大きな夢が膨らむ若者達に、きっと良いご縁(合格)を導いて下さるに違いないと信じてお飾りさせていただきました。

このお人形を入り口でみられましたら、ちょっとこの記事の事を思い出していただけたら幸いです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP