夢の里やながわ本店のひなまつりデコレーション

昨晩から今朝にかけて全国で雪が積った3月のはじまりの日。広い丹波市でも地域によって積ってい量は様々ですが、それでも全体的に雪が降ったようです。

 

3月3日はひなまつり

そんな夢の里やながわ本店の店内もすっかりひなまつり。

先日から店のあちらこちらに置かれている様々な雛人形を、お客様がスマートフォンで撮影されている姿をお見受けいたします。皆さんはどのひな人形がお好きですか?

ひなまつりは平安時代の頃に人形であそぶ「ひなあそび」から端を発し、江戸時代になって全国的に現代の様に人形を飾る形式になったと言われているそうです。でもその頃はまだお内裏様と女雛の一対を飾るだけが主流。ということは、私たちがよく見る豪勢な雛飾りは近年になってからなのかもしれませんね。

ご存知の通りこのお人形は天皇様・皇后様を現わしているそうです。ほとんどのお内裏様が付けているあの帽子は天皇だけに許された立纓の冠(りゅうえいのかんむり)だからなんですが、じつは親王様・親王妃様だと言われています。もしかすると天皇様への尊敬と憧れと同時に畏れ多いという念が入り混じったからそうなったのかもしれませんね。

 

やながわの丹波スイーツもひなまつりデコレーション

TMB_4941

店内の飾り付けだけでなく、やながわのスイーツにもかわいいおひな様のデコレーションがいっぱいです。

 

TMB_4940

もちろん店内のスイーツは丹波素材を使った物ばかり。美味しいイチゴや丹波の特産品を使った風味豊かなスイーツがいっぱい並んでいます。

 

TMB_4948

2016年3月1日のカフェの景色

全国的な雪ではありますが、野山には雪が積もっているものの、道にはほとんど雪は無く、車は快適に走れそうです。もしかしたらこの冬最後になるかもしれない雪景色とかわいいひなまつりデコレーションのスイーツを楽しみにお越しください☆

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP