丹波黒大豆枝豆の解禁は10月5日から

丹波の山里は秋晴れの様子を見せつつまだまだ残暑が残ります。

丹波を代表する特産物である丹波黒大豆の枝豆が10月5日から解禁となります。販売期間は約1カ月の間となっており、出荷期限の短さと市場に出回ることの少なさから幻の枝豆と称されます。丹波栗と丹波黒大豆枝豆が出そろうこの時期は連日多数の人が丹波の地を訪れ、賑わいをみせます。

丹波伝心どら焼に使用される丹波大納言小豆は順調に生育しており、小豆畑をのぞき込むと小豆らしい莢(さや)の形状が見受けられます。こちらが収穫を迎えるのは丹波黒大豆枝豆の販売期間が終了してからですのでもう少し先になります。

丹波伝心どら焼オンラインショップはこちらから

丹波伝心どら焼きオンラインショップ

丹波の特産品の一次加工や持ち味を生かした和洋菓子の製造販売をしている株式会社やながわの広報です。
全国の皆様に丹波の味をお届けしたい♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP