丹波に春の訪れの気配を感じます。

例年でしたら「丹波の冬は寒いだけでそんなに雪が降らない」と言っていたのですが、今年の冬はとても厳しい寒さと雪が続いたように感じます。

そんな丹波ですが、ふと本店の庭を見ると冬ならではの色味が少ない風景の中に春の訪れを感じる梅のピンクが目に飛び込んできました。

わかりにくいですが、写真中央に植えられた梅。

この梅は株式会社やながわの会長夫妻の誕生日を祝って植樹された紅白2本の梅。その梅の綺麗な桃色だけが冬の景色の中で目に飛び込んできます。

 

近くに寄ってみるといつの間にか綺麗な桃色の花を咲かせた梅に驚かされました。

厳しい寒さに心もいつの間にか少しどんよりしてしまいがちな2月が過ぎ、気が付けば3月を迎えました。自然はこういった四季の移り変わりにあわせて色を変化させ、私たちに暖かい春の訪れを静かに教えてくれています。

 

まだまだ寒い日が続いておりますが、丹波の春はもう目の前まで来ています。心も体もウキウキするような春。今週は梅、そして3月末には桜、5月になればレンゲや九尺ふじが楽しめる季節はもうすぐです。

夢の里やながわでも春を感じるスイーツを続々リリースしております♪

ぜひ丹波の春をお楽しみくださいませ♡

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP