2019年 新年のご挨拶

皆様それぞれ晴れやかな新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。

旧年中は夢の里やながわ(本店・福知山店)、ならびに丹波風土(東京春日店)をご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

昨年、弊社は多くの有り難いご縁に導かれ東京都文京区春日に「丹波風土 東京春日店」をオープンすることができました。春日局(かすがのつぼね)の生誕の地「兵庫県丹波市春日町」と、春日局が眠る地「東京都文京区春日」(麟祥院様にお墓があります)を繋ぎ丹波の魅力を届けていきたいと思っております。

 竹も節から芽が出ていますが、『節から芽が出る』との言葉がございます。思い起こせば『夢の里やながわ』も丹波の素材を活用した店舗展開を始めてから13年になります。その間数々の節目を経験してきました。挑戦という形で自ら節を作った時もありますが、何時も、その時その時に支えていただく多くの方のご縁を感じずにはおれません。そしてそのご恩に報いるのは節から芽生えた新芽を育んでいくことだと思っております。

 今年は5月1日より新しい元号がスタートいたします。皆様にとりまして何かが生まれ、何かが始まる節目として、希望の膨らむ素晴らしい年となりことを祈念申し上げますと共に、変わらぬご愛顧をお願い申し上げます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

平成三十一年 元旦
株式会社やながわ 代表取締役 柳川拓三

新年の営業のお知らせ

〇夢の里やながわ本店・夢の里やながわ福知山店は1月2日より営業いたします。
〇丹波風土 東京春日店は1月4日より営業いたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP