【SARÀH】 JAPAN MENU AWARD2017 下半期  三つ星受賞(モンブラン部門)

SARAH JAPAN MENU AWARD運営事務局が講談社と提携して開催されてた「JAPAN MENU AWARD 2017 下半期」において夢の里やながわの『プレミアム 和のモンブラン』が最高の三ツ星を受賞いたしました。

JAPAN MENU AWARDの公式サイトはコチラ

 

JAPAN MENU AWARD とは(SARAH公式ページより)
グルメサービスSARAHが主催する「JAPAN MENU AWARD」は、メニュージャンルごとに一品を表彰するグルメアワードです。各ジャンルを極めた審査員をお招きして、至極の一品を決定しました。

ブログなどで人気のその分野に特化された審査員による審査で決まる【JAPAN MENU AWARD】は、スイーツはもちろんのこと、ほかにも数多くのメニューの中から厳選され、ごくわずかな商品だけが受賞します。そして今回はなんとその中でも最高の三つ星をいただけたこということで、心よりうれしく思っております。これも偏にご愛顧くださっております皆様のおかげで受賞できたものとあらためて感謝しております。

丹波地域には昔から数多くの農産物がありました。盆地による寒暖の差が影響しているのか、はたまた土壌が良かったのか、それは定かではありませんが、丹波地域で収穫された農産物は多くの人に好まれて特産物へとなってゆきました。しかし、京の都に近いこともあってか、その特産物は原料として京都などの都市部に運び込まれ、そこで加工・調理されて特産品となり人々に愛されました。株式会社やながわはこの特産物を地元で加工して販売することで地域に雇用や観光による経済効果はもちろんのことですが、安価で出荷するだけになってしまい跡を継ぐ者もいなくなり、生産量がどんどん減っているこの現状を何とかしたいという思いで日々励ませていただいております。

今回のこの三ツ星の受賞によりやはり注目されたのは素材力。丹波の栗はやはり素晴らしい味なんだと言っていただけ励ましていただいた…。という気持ちがしたこの度の受賞でした。これまで積み上げてきたことを称賛していただけたのだと心より喜んでおります。
この商品は期間限定・数量限定のため販売時期も個数も限られておりますが、今後もこの受賞に恥じない商品のご提供を心掛けてゆきたいとおもいます。ありがとうございました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP